ホーム > デジタル写真 > スーパーモノクロームインク

スーパーモノクロームインク

5年間使い続けているインクジェットプリンタPM-4000PXが、インクの目詰まりを起こしてしまったので修理に出しました。
イギリスのライソン社のCave Paint Pigment Inkという、エプソン純正より色域が広いとされる代替インクを使っていたところ、マゼンタだけが詰まってしまいました。
また、同社の連続供給システムも使っていたのですが、インクのボトルの液面の高さによってインクの吐出圧が変わってしまうので、インクが垂れて用紙を汚すことも少なくありませんでした。
国内では販売代理店がなく、個人輸入しか入手方法がないのも不便でした。
以前にもマゼンタだけが詰まって修理していたことがあったので、今回の修理を機に、ライソン社のインクと連続供給システムを使うのをやめることにしました。
同社のホームページにアクセスすると、Cave Paint Pigment Inkが載っていなかったので、どうやら型落ちしたようです)
代わりに使ってみることにしたのが、昨年発売されたスーパーモノクロームインクです。
カラーのインクの代わりに、濃さの異なるグレーのインクを使ってなめらかなグラデーションと色転びのないモノクロプリントを実現しようというものです。
googleなどで検索してみると、ショップの情報がほとんどで、実際に試した人のインプレッションがほとんどありません。
純正ではないサードパーティのインクだし、一度使ってしまうとカラーのインクに戻すのが大変そうだしで、二の足を踏む人が多いのでしょう。。。
プリントサンプルを取り寄せたユキヒロさんのブログが、もっとも詳しい唯一の情報です。
ということで、人柱になってみました(笑)


以前にレポートしたQuadTone RIPを使って、プロファイルも作って和紙やマット紙、光沢紙に印刷してみました。
はたして、結果は。。。
結論から行くと、きれいなモノクロプリントが得られますが、誰にでもおすすめできるとは正直言いがたいです。
私が買ったパッケージがたまたまハズレだったのかもしれませんが。
モノクロのグラデーションは、きれいなほうだと思います。
7色全てを使うため、インク滴のツブツブザラザラ感もありません。
でも、QuadTone RIPがあれば、純正(私はライソンでしたが)のブラックとグレーのインク2色だけでも十分なグラデーションが得られるので、7色全てをグレーインクにする必要があまり感じられませんでした。
QuadTone RIPのような特殊なツールを使わなくとも、カラーの画像をそのまま印刷するだけでもきれいなモノクロプリントを得られる(はず)ので、手軽さを求めるユーザーにはメリットはあると思います。
あまりおすすめしない理由は、

  • 新品のカートリッジは、空気口の赤色キャップを説明書通りに90度回してもインクがなかなか出てこない。シリンジ(注射器)などで吸い出す必要がある。インクの詰め替えや連続供給を経験したことがない人には、どうやればいいかわからないはず。
  • インクの吐出圧が安定していないのか、ヘッドからインクが垂れてプリンタ内や用紙を汚すことがある。
  • 黒の濃度の濃い部分は、こするとインクが指につく(前述のユキヒロさんのブログにもあります)。光沢紙だけでなくマット紙や和紙でも同様。これでは銀塩写真のように重ねてボックスにしまうときに難あり。いちいち合紙を入れるのも。。。
  • 説明書にない重要な情報(カラーからモノクロへカートリッジを交換した直後はイエローのインクが抜けにくい)がウェブサイトのリンクの分かりにくいページにある(http://www.e-close-up.com/support/inks/monochrome_tips.html#printing_tips )。

など。
初心者に優しいとは言えず、使い手を選ぶような印象です。
もう少し使いやすければ。。。
こんなの気にならない!というお方は、お試しください。
ライソン同様に海外のメーカーが作っている7色グレーのPiezography Neutral K7というインクよりは安いし入手性もよいです。
ともあれ、今入っているインクを使い切ったら、純正に戻すつもりです。
どうやってヘッドをクリーニングしようかな。。。
ちなみに、エプソンのプリンタの修理はドアtoドアサービスを利用しました。
1,575円の送料がかかりますが、大きなA3プリンタを抱えてお店に持ち込む手間を考えると、集配してくれるほうが助かります。
インク詰まりの修理費は送料込みで8,000円程度でした。
取り外したライソンの連続供給システムは、チューブを水洗いしてみるとマゼンタだけがインクが流れません。チューブの中で詰まってます。
マゼンタが固まりやすいのが、インク詰まりの原因だったようです。

カテゴリー: デジタル写真 タグ:
  1. 2008 年 5 月 14 日 13:58 | #1

    人柱おつかれさまです。^^
    モノクロインクはなかなか難しいですよね。
    ライソンもかつてグレーインクを出していましたが、
    詰まりが多発して銀一が取扱いをやめた経緯があったように記憶しています。
    ピエゾグラフィ(K7)が光沢紙で使えれば嬉しいのですが。

  2. 2008 年 5 月 14 日 21:57 | #2

    おひさしぶりです>ユキヒロさん
    ライソンは今でもQuadBlackインクを出しているようです。
    でも、5年前と比べるとラインナップが減っているようで、純黒調以外に冷黒調、温黒調のバリエーションがあったはずが、今は純黒調ひとつ。
    ほかにも、ダブルトーンのような色味のプリントができるスモールガモットインクというのがあったはずが、もうなくなっているようです。
    インクジェットでモノクロ写真を追求するならモノクロ専用インクを使うのがベストというのはわかっていても、プリンタメーカーは一部のユーザしか使わないようなものはなかなか出してくれないですよね。。。
    サードパーティに頼らざるを得なくなってしまいます。
    でも、純正品なみに安定したカートリッジはなかなか作れないでしょうし、数も出ないだろうから気づいたらなくなってしまってたなんてことも。。。
    純正のカートリッジは値段が高くてしかもインクを全部使い切らないうちに交換サインが出るのは、それなりの意味があるのでしょうね、おそらく。
    スーパーモノクロームについては「あまりおすすめしない」などと過激なコメントにしてしまいましたが、普及させるならもう少しユーザーフレンドリーなものにしてほしいなぁという気持ちがありまして。。。
    メーカーには改良を望みたいです。

  3. 2008 年 5 月 15 日 11:50 | #3

    こんにちは。
    モノクロリンピックではお世話になりました。
    やはりデジタルモノクロプリントは試行錯誤の連続ですね。
    私は、いまだによく分かりませんが、頑張って日夜プリントしています(笑)

  4. 2008 年 5 月 15 日 12:47 | #4

    こんにちは>machaさん
    先日は大阪遠征おつかれさまでした。
    PX-5500なら、こんな苦労をせずとも十分満足いくモノクロプリントができてしまうんですよね。。。
    MFI展でのmachaさんの作品は、初めホントに銀塩プリントだと思ってました。
    今までに払ったインク代とか修理代とかあわせたら、5500が買えるくらいになってるかもしれません(笑)
    でもまだ使えるPM-4000PXを手放すのが惜しくて、奮闘しております。

  5. メタポパンダ
    2008 年 5 月 22 日 15:19 | #5

    はじめまして、おじゃまします。
    しかし、カートリッジに問題があるとは知りませんでした。
    盲点かも知れませんね。純正のあの複雑な構造には訳があるんでしょう。
    まぁ、試すなら詰め替えでしょうけど、しばらく様子見かなぁ。。。
    8さん、貴重な情報ありがとうございました!

  1. トラックバックはまだありません。